アフィリエイトとの出逢いは素敵な人との出逢いでもあります。 ブログが、私が、どんどん進化していく!ワクワクと楽しみながらのアフィリエイト実践禄です!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無料レポート作成で盛り込む内容
2009年09月03日 (木) | 編集 |
「書く」ということを大まかにみましたが
今回は、それぞれを見てみましょう。


 ・ 「著作権」や「注意事項」を書いたページ
  
   これに関しては、いろんなレポートを見ていただくとお分かりだと思いますが
   どれも同じような作りですね。

   最初の段階で一つ準備すれば
   今後レポートをいくつ作られても
   同じものをコピーして使っていいと思います。

   まじめな内容ですので 字体は明朝体がいいでしょう。
   1ページに収まるように作成し、字の大きさは調整してください。

   (誰も読まない、なんて決めつけてはいけませんが
    字が小さめでもかまわないです。)



  ・ 作者を紹介するページ

    無料レポートを発行する意味のひとつは
    「ブランディング(あなたの名前を広める)」ですから
    あなたがどんな人物なのかを書いてください。

    また、なぜ今回のレポートを作ったのかということも
    ここでアピールされるといいですね。

    これも1ページでよいと思いますが
    ご自分のことなど伝えたいことがたくさんある場合は
    よくブログのプロフィールへ誘導している方もいらっしゃいますよ。
 

  ・ 目次

    「書く」の中で「目次を書く」のは最後のほうの作業になります。

    本文の各項目を探しやすくします。


  ・ 本文

    文章は
    作文などと同じやり方ですね。
    起承転結をかんがえて
    始まりは、読者さんを誘って
    最後はまとめると言う書き方です。

    文章だけのレポートもありますが
    画像やイラストがあるレポートもよく見ますね。

    作業の手順を説明するレポートでは
    ほとんどが画像というくらい使ってあります。

    これはキャプチャーでとってレポートに貼る方法。
    今後順を追って学習しましょう。

    また、ヘッダーやフッター、ページ番号を入れることで
    見栄えがよくなりますよ。


  ・ あとがき

    ここは レポートの締めなので
    購読していただいたお礼が必要です。

    また、あとがきが持つ意味には
    「次につなぐ」ということがあると思います。

    レポートを通して知り合った方に
    ブログを訪問してもらう
    メルマガの読者になってもらう
    他のレポートも読んでいただく・・・

    こういったアクションを起こしていただくことで
    レポートが活きることになります。


次回は本文を作っていく上での色々なテクニックを
勉強しましょう。

    

    
    
  



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。